わきがと制汗剤の関係。黒ずみケアはどうする?

MENU

わきがと制汗剤の関係。黒ずみケアはどうする?

わきが対策として制汗剤を使われている方も多いかもしれませんが、市販されている制汗剤は「ニオイが強いタイプのわきが体質の人には向いていない」と言われています。
制汗スプレーなどは制汗作用がありますがニオイを抑えるものではないので、強いニオイを発するタイプの人は制汗作用よりも消臭効果にこだわった専用のデオドラントで対策を講じた方が良いと言われています。

 

また、わきがは皮膚の常在菌の種類によりニオイの強さが変わってくるので、ニオイの強さの度合いによってデオドラントを選ぶ事が重要になります。
軽度から中度の体質の人であれば殺菌作用が強くないタイプを選んだ方が良いですし、強いニオイを発する体質の人は塩化ベンザルコニウムなどの高い殺菌作用を持つ成分が入ったデオドラントがおすすめされています。

 

ただ、制汗剤を過剰に使用するとニオイを抑える事ができるものの、肌の乾燥を招いてニオイの原因になる事もありますし、デオドラントも過剰に使いすぎると細菌の繁殖を抑える働きがある皮膚の常在菌が少なくなってニオイが強くなる恐れがあるので、デオドラントなどのニオイ対策アイテムの使い過ぎには注意が必要です。
また、制汗作用の強いものは汗腺を塞ぐ働きが強く、わきの黒ずみの原因になる事もあるので使い過ぎには注意が必要です。
黒ずみができてしまった場合は黒ずみ専用の美白クリームが保湿作用も高く、肌の乾燥を防いでニオイ予防にも効果的だと言えるでしょう。